ペンタックスとラジオと生活と

PENTAX K-S2を振り回す休日記

【まいにちコラム】雑感

①胃痛

おとといから急にチクチク胃が痛みだした。といっても極めて断続的なものであり、痛み自体は大きくないので死ぬようなことはないはずだが。ここ最近野菜不足だったのが影響したんだろうか、さっそく肉魚からプチトマト(野菜要員)+アロエヨーグルト(胃腸要員)+トウモロコシ(穀物要員)で昼食を固めると心なしかチクチクが収まりつつある。手軽である点ではプチトマトが、うまい点ではトウモロコシの存在が大きい。大変ありがたいので今後もガンガン食べさせていただく。

②ゲームのリアル志向

昔から「時代が進むほどゲームの内容もリアルに進化する」という進歩主義イデオロギーを信奉していただけに、リアルさを求めないゲームはほとんど受け入れられなかった。野球ゲームで言うなら「リアル」なプロ野球スピリッツを熱心にプレイする一方で、デザイン上そうではない実況パワフルプロ野球は結局放置してしまっている状態がそれに当たる。「現実に近いほどリアルで素晴らしい」尺度でゲームの内容を測るだけに、どうも「パワプロプロスピの完全下位互換」というものから抜け出せないでいる。このイデオロギーについては、どうしようもないので、今後も変わらずにあると思う。

③夏の計画

そろそろ方角ぐらい決定すべきかと思う。今年行くところの候補については、次のように決めている。

なぜこれらなのか。というのも地域の鉄道存続問題の研究について、この三カ所で現場観察調査する予定を立てているためである。例えば美深ではかつて日本一赤字ローカル線で名を馳せた「美幸線」の廃線があるし、幌延では町内の秘境駅を地域おこしに活用して「秘境駅の里」としてPRしている。一鉄道ファンとしても調査者としても興味があるわけで、もう行くしかないと考え込んでいる。あとは日数と費用。北海道と島根は正反対の方向だから膨大なコストがかかりかねない。ちょっと具体的な試算が必要になりそうだ。